男性

Pマークはコンサルを成功させる鍵|信用が大事

食品の安全を守る

スーツの人達

ISO22000は食品安全を守るのに有効な規格が記載されており、会社に導入することで効率良く業務を進めていくことができます。また食品安全に関するトラブルが発生してしまうと利用者の信頼性を失ってしまうので、規格を取得した際はきちんと規格内容を確認しておくことが必要です。

もっと読む

情報セキュリティ

女性

Pマークとの違い

ISO27001とは、情報セキュリティマネジメントシステムの事です。Infomation Security Management Systemの頭文字を取って、ISMSと呼ばれたりもします。似たような制度にISO9001(品質管理マネジメントシステム)、ISO14001(環境管理マネジメントシステム)があり、ISO27001と合わせて3大のマネジメントシステムとされることもあるそうです。個人情報の取り扱いについて適切な仕組みを持つ企業を認定する「プライバシーマーク」というものもありますが、こちらのマークはBtoCの企業を認定するようなものであることに対し、ISO27001はBtoBの意味合いで、広義の情報管理マネジメントを認定する仕組みになっております。プライバシーマークでは個人情報に主眼を置いていますが、ISO27001では個人情報ではなく、ハードやソフトなどの情報資産もその対象となります。

情報セキュリティの重要性

1990年代後半から現在にかけて、世界中で情報化社会が進みました。パソコンが一部の大学や大企業において計算だけに使われていた時代は終わり、今や個人でパソコンを所有し、スマートフォンの普及も進みました。ISO27001の仕組みはまさに現代に不可欠なものと言えるでしょう。企業内にある個人情報はもちろん、ハードやソフトの管理についての取得・破棄・管理方法を定めている企業とそうでない企業。果たしてビジネスパートナーとして選びたい企業は前者と後者のどちらでしょうか。個人情報を漏えいすることは企業の信頼に大きな影響を及ぼしますから、当然前者の方を選択する確率が高いと思います。特に情報漏えいの事件が問題になっている昨今、各企業で取得すべき基準なのではないでしょうか。

メリットがある

Pマーク取得していることで企業にとっては大きなメリットがあるのです。最近は個人情報の取扱いが重要になっていることもあり、信頼できる企業なのかという証明が不可欠になっています。情報管理がしっかりされているという証でもあるPマークはコンサル会社のサポートによって取得しましょう。コンサル会社は数多く存在しています。

安い費用で導入できるシステム

オフィス

文書管理システムは車内の共有ドキュメントなどを編集したり管理するのに役立つシステムであり、会社に導入すればスムーズにコンテンツの管理や編集を進めていくことができます。またシステムの導入コストを最小限に抑えたい場合は、クラウド型の文書管理システムを選択するのが最適です。

もっと読む

国債規格の取得方法

2人の女性

iso取得を目指す際はコンサルを利用するのが一般的であり、現在では安い費用で実施できるコンサルプランなども登場してきています。またコンサルを行なわずともisoを取得することは可能ですが、高い確率でisoを取得するにはコンサルを利用するのが最適です。

もっと読む